タックス・ヘイブンなどの租税回避に対する【国税局の見解】

* 一又は一連の行為計算につき、まる1租税負担の減免が唯一又は主たる目的であり、正当な目的が認められないこと(正当な目的の欠如)、まる2不合理又は不自然であること(経済的合理性の欠如)、まる3租税負担の減少、排除、繰延べ又は還付税額の増加が達成されるものであること(租税負担の減少等)の3つの要件について、まる1又はまる2に該当し、かつ、まる3に該当する場合には、税法上、不真正な行為計算として否認の対象とする。

>>租税回避地を迂回した租税回避は発覚すれば全て『脱税』です
脱法ではなく違法、犯罪者です<<

カテゴリ:
地中海の島国マルタの女性記者ダフネ・カルアナガリチアさん(53)が16日、マルタ島北部の自宅付近で自身の車に仕掛けられた爆弾によって殺害された。
 マルタのムスカット首相の夫人は、各国指導者らのタックスヘイブン(租税回避地)利用の実態を記載した「パナマ文書」で知られる中米パナマの銀行に隠し口座を保有していたと批判を浴びており、
カルアナガリチアさんは口座について、アゼルバイジャンの銀行関係者からのリベート受け取りに使われたと主張していた。

16日、マルタ・ビドニジャにある記者ダフネ・カルアナガリチアさんの自宅付近で、爆弾が仕掛けられた車の残骸を調べる警察官ら(AFP=時事)
 目撃者の証言によると、カルアナガリチアさんの体は爆発により近くの畑に吹き飛んだ。地元メディアの報道によれば、カルアナガリチアさんは何者かに脅迫を受けたとして、今月初めに警察に訴えていた。
 ムスカット首相は事件に関し「政治的にも個人的にも、彼女が私を厳しく批判してきたのは周知の事実だが、このような野蛮な行為を正当化できる者などいない」と強く非難。総力を挙げて捜査に努めるよう治安当局に指示した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101700970&g=int


容疑者はパナマ文章に名前である奴で殺し屋雇えるほどの大物。

人数少なくて捜査は容易だけど、
きっと警察に裏で手をまわされて迷宮入りだろう。

日本ではペンは剣よりも強いがそれは権力者と共にあるからだ
日本の権力者は日本の政治家ではないから





カテゴリ:
【ニューデリー時事】パキスタンの最高裁は20日、タックスヘイブン(租税回避地)のパナマから流出した「パナマ文書」で暴露されたシャリフ首相とその親族の課税逃れなどの疑惑に関し、合同捜査チームを結成して「徹底した捜査」を行うよう命じた。

全文は下記URLで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000122-jij-asia

日本でも徹底調査すればいいのにな
租税回避脱税犯=消費税増税派とも言うべき
財務官僚七人衆とかどうなったのかなっと↓

http://babahimaraya.blog.jp/archives/1057823593.html

【口封じか】パナマ文書を流出させた法律事務所経営者を逮捕

カテゴリ:

mag201605-4
パナマ検察当局は13日までに、タックスヘイブン(租税回避地)に関する「パナマ文書」流出元の法律事務所「モサック・フォンセカ」の経営者2人を逮捕した。
ブラジルの汚職事件に絡むマネーロンダリング(資金洗浄)容疑という。国内外のメディアが報じた。

逮捕されたのは、ドイツ出身のユルゲン・モサック容疑者とパナマ人のラモン・フォンセカ容疑者。
パナマのポルセル検事総長はこれまでに集めた証拠から、モサック・フォンセカが「出所が不審な金や資産を隠すために用意された犯罪組織だとの疑いがある」と述べた。

ポルセル氏によると、捜査は約1年かけて行われ、ブラジルや米国、スイスなどの検察が協力した。
逮捕された2人はブラジル国営石油会社ペトロブラスの汚職事件などと関係があるとみられる。2容疑者の弁護士は容疑を否認している。

パナマ文書はモサック・フォンセカ内部の1150万通に及ぶ内部資料。
国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が分析、取材し、ロシアのプーチン大統領周辺など各国首脳に関連する疑惑を報道した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H5O_U7A210C1000000/

THマネーどうすんのかね
このまま闇に葬ろうってことかな

このページのトップヘ

見出し画像
×