カテゴリ

カテゴリ:アメリカ

カテゴリ:


米大統領は企業の海外利益への10%課税を計画-当局者
Bloomberg News
2017年4月26日 08:51 JST

トランプ米大統領は同国企業が海外に保有する2兆6000億ドル(約288兆円)の利益への10%課税を提案する計画だ。同大統領の税制計画に詳しいホワイトハウスの当局者が明らかにした。
コーン国家経済会議(NEC)委員長とムニューシン財務長官が25日夜に議会指導者と会い、トランプ大統領が26日に公表する計画を検討した。同計画にはパススルー事業への課税の最高税率を39.6%から15%に引き下げる案も盛り込まれる。協議が部外秘だとして同当局者が匿名で語った。
 
https://bloom.bg/2q2P1rG

Appleとかトランプの国境に壁作るのとか偉そうに批判してたけど
こいつら海外の売上をアイルランドの拠点を使って課税逃れしてる屑だから

いいぞトランプもっとやれ

カテゴリ:
各国指導者らのタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態を暴いた「パナマ文書」の内容などから、 中国の現旧最高指導部メンバーの親族ら7人が、香港への出入りがしやすくなる香港の身分証を持っていたことが分かった。「国際調査報道ジャーナリスト連 合」(ICIJ)と提携する記者の取材をもとに香港紙・明報が4日付で報じた。
特集:「パナマ文書」の衝撃
 身分証を持っていたのは、共産党政治局常務委員の現メンバーで、序列5位の劉雲山(リウユンシャン)氏の義理の娘と同7位の張高麗(チャンカオリー)氏 の娘のほか、故・鄧小平(トンシアオピン)氏のめい夫妻、李鵬(リーポン)元首相の娘、賈慶林(チアチンリン)・元全国政治協商会議主席の娘婿と孫娘の7 人。本人や配偶者が、英領バージン諸島などの会社の株主や役員になっていた。
 中国人が香港の身分証を持つことに違法性はないが、法律や税制が整った香港で活動しやすくなり、貿易会社などの経営にメリットがあるとされる。中国では 共産党幹部や親族の経済活動に関する情報が公開されることはほとんどなく、パナマ文書を通じてその一端が明らかになった形だ。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ556F33J55UHBI00K.html


アメリカで永住権とった中国人の全資産とか
共産党幹部との血縁関係とかぜんぶデータ取ってるんだってな

アメリカさんマジぐう畜

日本でもインサイダー情報で株を親族に買わせてたりすんだろ?

このページのトップヘ

見出し画像
×