タグ

タグ:オフショア法人

カテゴリ:
「パナマ文書」の分析に当たる国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ、本部ワシントン)は9日午後(日本時間10日未明)、タックスヘイブン(租税回避地)に設立された約21万4000法人の情報をホームページで公開した。

ソフトバンクのグループ会社や伊藤忠商事、丸紅などの名前を含んでおり、実態が不透明なタックスヘイブンを日本企業が幅広く利用していることが明らかになった。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051000038&g=int


>>【日本国憲法第84条】
あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。<<

脱法は当然【法律又は法律の定める条件】に該当しない
表に出た瞬間に犯罪者。


何度も言うがスフトバンクは法人税を500万しか納めていない悪質な脱税会社だからな

ソフトバンクは三井住友FGと双璧をなす反国家脱税組織

タックス・ヘイブンの話題にはもれなく
三井住友FGとソフトバンクのタグをよろしく。

カテゴリ:
フランスの著名経済学者トマ・ピケティ氏ら350人を超す世界の経済学者が9日、脱税などに使われ るタックスヘイブン(租税回避地)の根絶を求める公開書簡を発表した。「パナマ文書」の発覚で租税回避地に関心が集まる中、書簡は「(回避地は)一部の富 裕層や多国籍企業を利するだけで、不平等を拡大させている」と批判。その存在は「世界全体の富や福祉の拡大に寄与せず、経済的な有益性はない」と断じてい る。

書簡には、貧困問題に詳しいジェフリー・サックス米コロンビア大教授や、ノーベル経済学賞を昨年受賞したアンガス・ディートン米プリンストン大教授ら355人の学者が名を連ねた。

http://s.news.nifty.com/topics/detail/160509092402_1.htm


タックスヘイブン起業での相続税回避方法 

1.ケイマンに社長一族をプロデュースする会社を作る
2.日本の不動産、動産すべてをケイマンの会社所有にする
3.不動産、動産を賃貸契約にして、賃貸料と生活費を経費で計上する
4.ケイマンの会社を毎年赤字計上、所得税、固定資産税は免除
5.賃貸契約者の変更で相続税も免除

近年、相続税の話題が無いのはこの理由

どれだけ金融緩和をしてもデフレが解消されないのもこれが理由

企業が利益を上げても海外の脱税機関(オフショア法人)に利益を吸い上げられていれば
GDPが上がるはずもない、貨幣流通量も増えるわけがない

みんな脱税野郎に吸い上げられてんだからね

カテゴリ:
共同通信も参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は、タックスヘイブン(租税回避地)に関わるパナマ文書にある回避地法人名や、関連する企 業・個人名、住所などを日本時間10日午前3時にホームページで公表する。匿名性の高い回避地法人のデータを多くの目でチェックしてもらうことで、さらに 分析を進める狙いだ。

文書の中にある大量のメールやファクスのやりとり、パスポートのコピーなどは公表しない。ICIJは「データのばらまきではない。社会全体に公開されるべき法人情報を注意深く公表する」との方針を説明している。

 21の回避地に設立された20万社以上、関連する37万人が、関係する国ごとに整理され、名前からの検索も可能となる見通し。ICIJは「秘密法人とその背後にいる人物たちに関する史上最大の公表」だと位置付ける。

http://www.sankei.com/smp/world/news/160504/wor1605040029-s1.html

オフショア法人の取引記録公開は死亡宣告書
メガバンは何行生き残れるかな

タックス・ヘイブン(租税迂回地)を使った租税回避は【脱法ではなく違法】
ヤクザがヒットマンを匿っているようなものだ

明るみに出た瞬間【脱税】なのよね

このページのトップヘ

見出し画像
×