タグ

タグ:楽天

カテゴリ:
タックスヘイブン(租税回避地)の法人の株主となっていたとパナマ文書に名前が記載されている
楽天の三木谷浩史会長兼社長が10日午後11時過ぎ、ツイッターで反論を展開。

「海外法人に1・数%出資して、日本の税金がどうやってセーブできるのか? 
不思議でしようがないです。私の頭が悪いのかもしれませんが」と投稿した。

三木谷氏は平成7年に英領バージン諸島に設立された法人の株主になっていたと文書に記載されていた。

楽天広報によると、三木谷氏が楽天創業以前の平成7年に日本興業銀行(現みずほ銀行)を退社した直後、
知人から外国の投資会社への出資を持ちかけられて、約80万円を出資した。
しかし、その直後にこの投資会社の業務が立ちゆかなくなったため、出資金の一部しか戻ってこなかったという。

三木谷氏は「租税回避の意図はなく、通常の海外企業への投資だった。損をしたことは覚えているが、金額は覚えていない」と話しているという。

http://www.sankei.com/economy/news/160511/ecn1605110032-n1.html

勘違いしている、もしくはミスリードだな
その投資会社の資金の流れが問題なわけよ

資本金の話はしていない。
その箱の中身が、不透明で、国税の手が届かないから問題なんだよ

資本金1円の会社の中で1兆円の金が動いているかもしれない
かもしれないが、疑わしくとも、日本国の権限では調べることはできないのだ

タックス・ヘイブン(租税回避地)ってそういう意味だぞ

カテゴリ:
内閣府の高鳥修一副大臣は、政府の産業競争力会議で委員を務める楽天 (4755.T)の
三木谷浩史会長について
名前がパナマ文書に登場したのを受けて「特別な調査は考えていない」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/mikitani-tax-idJPKCN0Y10IX


調査といっても、国税庁に任せるしかないからな
三木谷に直接質問しても
「租税回避はしておらず適法だ」と言われるだけなんだから
まずは証拠集めだけど、これは国税案件だから

https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-010814.html
「タックスヘイブン対策税制」の網にかければ間違いなく有罪

このページのトップヘ

見出し画像
×