タグ

タグ:租税回避地

カテゴリ:
【ニューデリー時事】パキスタンの最高裁は20日、タックスヘイブン(租税回避地)のパナマから流出した「パナマ文書」で暴露されたシャリフ首相とその親族の課税逃れなどの疑惑に関し、合同捜査チームを結成して「徹底した捜査」を行うよう命じた。

全文は下記URLで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000122-jij-asia

日本でも徹底調査すればいいのにな
租税回避脱税犯=消費税増税派とも言うべき
財務官僚七人衆とかどうなったのかなっと↓

http://babahimaraya.blog.jp/archives/1057823593.html

【口封じか】パナマ文書を流出させた法律事務所経営者を逮捕

カテゴリ:

mag201605-4
パナマ検察当局は13日までに、タックスヘイブン(租税回避地)に関する「パナマ文書」流出元の法律事務所「モサック・フォンセカ」の経営者2人を逮捕した。
ブラジルの汚職事件に絡むマネーロンダリング(資金洗浄)容疑という。国内外のメディアが報じた。

逮捕されたのは、ドイツ出身のユルゲン・モサック容疑者とパナマ人のラモン・フォンセカ容疑者。
パナマのポルセル検事総長はこれまでに集めた証拠から、モサック・フォンセカが「出所が不審な金や資産を隠すために用意された犯罪組織だとの疑いがある」と述べた。

ポルセル氏によると、捜査は約1年かけて行われ、ブラジルや米国、スイスなどの検察が協力した。
逮捕された2人はブラジル国営石油会社ペトロブラスの汚職事件などと関係があるとみられる。2容疑者の弁護士は容疑を否認している。

パナマ文書はモサック・フォンセカ内部の1150万通に及ぶ内部資料。
国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が分析、取材し、ロシアのプーチン大統領周辺など各国首脳に関連する疑惑を報道した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H5O_U7A210C1000000/

THマネーどうすんのかね
このまま闇に葬ろうってことかな

カテゴリ:


世界各国の記者で作る団体が分析を進めている「パナマ文書」。
このプロジェクトに参加したNHKの取材で、巨額の年金資金を消失させた
「AIJ投資顧問」の元社長が租税回避地・タックスヘイブンにあるペーパー会社を悪用した
株価操作などを行っていたことを認めました。パナマ文書に関連して日本人の不正行為が明らかになったのは初めてです。

各国の首脳や富裕層などの隠れた資産運用を暴いた「パナマ文書」は
中米パナマの法律事務所から流出した膨大な内部データで、南ドイツ新聞が入手し、
「ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合」が世界各国の記者と連携して分析を進めています。

NHKは先月下旬からこのプロジェクトに参加し、パナマ文書を独自に調べたところ、
ICIJが日本関連として公表している個人や企業以外にも少なくとも370人の
日本人に関する資料が見つかりました。

7月28日 19時00分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160728/k10010612361000.html
https://newspicks.com/news/1691299/

ゴキブリは一匹みつけたら30匹はいると思え
まぁこういうことだわな

カテゴリ:
AIJ投資顧問(現・MARU)の年金消失事件で懲役15年の実刑判決が4月に確定し、7月22日に収監された浅川和彦元社長(64)がタックスヘイブンにある法人を株主として所有していたことがパナマ文書の資料からわかった。 http://www.asahi.com/articles/ASJ7T7FN6J7TULZU00Y.html 一番の問題は【赤信号、みんなで渡れば怖くない】的な風潮だ 明らかに脱税なのにみんな「合法」だと主張する だがな、租税回避は違法だよ 捜査権限が及ばないから逮捕できないだけ

カテゴリ:
タックスヘイブン(租税回避地)に関する内部文書「パナマ文書」の実態調査のためにパナマ政府が立ち上げた独立調査委員会のメンバーで、ノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツ氏ら2人が9日までに委員を辞任した。政府の非協力的な姿勢などを理由としている。ロイター通信などが報じた。

 辞めたのは、スティグリッツ氏とスイスの汚職問題専門家マーク・ピエット氏。パナマ政府が調査結果を公にするという確約を拒んだとして、5日に辞任した。

  国内外の専門家7人からなる委員会は4月、パナマの金融システムや法律の透明性の見直しを目的に、パナマのバレラ大統領の主導で立ち上げられ、6月の初会 合ではパナマ政府が最終結果を公にする必要があるとの考えで合意していた。ところが最近になって、スティグリッツ氏らは政府から結果公表に否定的な手紙を 受け取ったという。

 スティグリッツ氏は「パナマ政府が現在の不透明な金融システムの恩恵を受けている者から、圧力を受けたとしか考えられない」と述べた。

 バレラ大統領は2人の辞任について、委員会内の「意見の相違」と説明。残るパナマ人4人とコスタリカ人1人の委員で調査を継続する考えを示した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM10H79_Q6A810C1000000/


そういえばクリントン財団に多額の献金をしていた中国共産党幹部もタックスヘイブン使っていたのかな?

このページのトップヘ

見出し画像
×